NetApp NetApp Survey
 
NetAppならではのファイナンスプログラム

NetApp Capital Solutions

NetApp Capital Solutionsとは
NetAppでは、最新のストレージソリューションをより効果的ご利用いただけるように多数のファイナンスソリューションを提供しています。
システム導入に際し購入資金の全額を準備する必要はなく、予算・設備利用計画に応じてフレキシブルに対応させていただきます。
今期のIT予算が不足している場合でも、お支払いのみを来期に繰り延べることにより、理想の時期にストレージシステムを導入できます。
 
NetApp Capital Solutions利用のメリット
     
  start right   start right-1  
    ストレージ導入に関するコストを平準化
   
    中長期のIT投資計画に併せた支出を実現
   
    運転資金や設備投資用に銀行融資枠を温存
 
             
             
  start right   start right-1  
    導入時のキャッシュアウトを抑制
   
    将来にわたっての費用負担額が明確
   
    物件廃棄にかかわる手続からの解放
 
             
             
  start right   start right-1  
    固定資産税納付や減価償却等の事務作業が不要
   
    IT投資に関する全てのコストを対象
   
    フレキシブルなお支払い方法にも対応
 
           
支払据置レンタルプログラム
今期予算が無い場合でもストレージの導入を諦める必要はありません。 レンタルの利用開始後、支払い開始を据え置き、来期に入ってから お支払いを開始することが可能です。
また、ストレージのリプレースの際、データ移行に数ヵ月かかる場合でも、 旧機器のリース料と新機器のレンタル料が重複しないよう柔軟にお支払いの スケジュールを立てることが可能です。
 
 
従量課金プログラム
将来的に容量増加が見込まれるシステムに対し、容量増加にあわせて段階的に課金を増やしていくことができるプログラムです。
予定通り容量が増えていかない場合の過剰投資リスクを回避しつつ、TCOを削減することが可能です。

メリット
      過剰投資の抑制、TCO削減
     
      需要増への迅速な対応、ユーザー満足度の向上
     
      将来増設予定分の金額が導入当初に確定し、コスト計画が容易
     
      社内稟議の簡素化
 
 
既存ストレージ 下取りプログラム
新規NetApp製ストレージ導入後に不要となる既存資産(ストレージ)を 下取りいたします

-     NetApp製ストレージのほか、他社製ストレージも下取り対象
   
-     新ストレージへのデータ移行完了後に既存資産を引取り
   
-     既存資産の下取り代金は既存資産の引き取り後に現金でお支払い
   
-     データ消去作業実施や作業実施証明書発行の要望にも対応可能
 
 
お問い合わせ先
NetApp Capital Solutions (NCS)

営業担当:須釜、深町、村川
E-mail: xdl-japan-rental-ncs@netapp.com
 
※本プログラムご提案にあたってはネットアップ所定の審査が必要です。場合によりご希望に添えない場合がありますことをご了承ください。

contact our sales team
 
TRUSTe
お問い合わせ |   購入方法 |   フィードバック |   採用情報|   登録 |   プライバシーポリシー |   © 2015 NetApp
NetApp